生でも食べれる アフロコーン™ 氷詰め 25本セット!

 

 

完全路地栽培にて約85日間、銚子の潮風を浴びながら育った

銚子の大地!
生産者のこだわりの生産方法と思いが作り上げたアフロコーン!

銚子市内は都心より-5℃とも言われるほど涼しい気候!
日中は30度を超す日も多い!だが、朝晩はとても涼しく布団をかけたくなる
ほどである。

この寒暖差と海からの潮風がアフロコーンを甘くする!

 

 

最高糖度19度を記録したこともあり!メロンで約16度!


皮が薄く生でも食べやすくまるでフルーツのような甘さ!

 

 

ただ甘いだけじゃない濃厚なコクのある味!

農作物は生産者により栽培方法が異なります。
畑の状態も異なります。

アフロコーンは 私の作った拘りの作品です。

某テレビ番組でも紹介され、人気アイドル・芸人なども大絶賛の

アフロコーン!
都内高級スーパーでも売切れ品薄!

 

サイズ:L〜3Lサイズ

    

生産者のおススメできる旬は7月+8月上旬です!

 

 

お届けは写真のように発泡スチロール氷詰めでお届け致します!

25本!多いと思いますが...そんなことないです!

氷詰めだから4日間は生食OK!
ご近所さんやお友だちとシェア!
その後はボイルして!夏野菜との相性もバッチリ!
残りは実を剥がし冷凍で保存!

あっという間です!

 

■なんで氷詰め?

 

とうもろこしは生命力の強いイネ科の植物です。

大風が吹くと、畑に倒れてしまいます。

しかし、元に戻ろうとして数日で反り返って上に伸びていきます。

この現象と同じで収穫したとうもろこしを横においておくと

実は,,,元に戻ろうとして熱をだします。そして自ら鮮度をどんどん

落としてしまうのです。

 

これを防ぐ為に氷詰めにして冷えた状態で水分を吸いながら

輸送すること最高の鮮度を保つことができます。

 

銚子市は魚の水揚げが8年連続日本一!港のステータスは製氷工場!

製氷工場の規模により捌ききれる魚の量が変わります!

 

日本一の港、銚子港周辺には複数の製氷工場があります!

 

------

最高鮮度!氷詰めアフロコーンは農水連携でお届けする逸品です。

 

 

 

最高鮮度!氷詰め!生でも食べれるアフロコーン25〜30本

¥8,500価格